ニキビの症状,ビタミンC

薬にとってかわるビタミンC。

治せる薬があるのに、それを使えない状況の中でニキビの対策に当たるのはドクターにとっても困難な事です。

 

ニキビの治療に真剣に取り組めば取り組むほど、治療の壁の厚さを感じざるをえません。

 

そんな訳で私は、外国から取り寄せられる薬は取り寄せ、自家調合可能な薬は自らでつくり、治療に当たるようにしました。

 

私のところで使っている独自化粧水もレチノイン酸もあとで記述するグリコール酸も、すべて自家調合したものです。

 

これらの薬を使用するようになって、いままでおおかた改善しなかったニキビが、ことごとく対策可能なようになったのです。

 

しかもそれらの薬の成果を高めたのは、新たに製作された誘導型独自化粧品です。

 

たとえば薬局でベルブランが取り扱っていないのに人気を占める現象はそのためです。

 

独自化粧品を並存すると、治らないニキビはないといっていいほど、めざましい影響がありました。

 

これには、私本人驚いたほどです。

 

ビタミンCは水溶性ビタミンで、ふつうは皮膚から吸収されません。

 

ところがリン酸と組み合わせさせて誘導体の形にすると、ふつうのビタミンCの数十倍も皮膚から吸収されるのです。

 

ビタミンCには活性酸素や過酸化脂質をセーブする抗酸化作用があり、そして紫外線による肌のダメージを最小限に抑えたりコラーゲンの増殖を促す作用があります。

 

こうした作用が皮脂の分泌を.抑制したり、面皰(コメド)の生じてを防いだり炎症したニキビを沈静化するのです。

 

それだけでなく、いままでどのような薬でも治せなかったニキビ跡の色素沈着や皮膚陥没を修復する作用もあるのです。

 

つまりニキビの防止にも対策にも有効なのです。

 

誘導型ビタミンCの登場によって、ニキビ対策は180度変わったといってもいいくらい画期的な進歩をもたらしました。

 

この誘導型ビタミンCの作用については、他の記事で詳細に解説していきましょう。