ニキビ,対策

こんなニキビは対策が必須。

ニキビでいちばん気をつけなければならないのは、間違ったケアや手当でよけいニキビを悪化させてしまう事です。

 

日本ではまだニキビが病だという認識は薄く、市販薬で手当をするだけ、という人も多々あるようです。

 

ただし市販薬でニキビがビューディフルに治った人がいるでしょうか。

 

おそらくそんなにいないはずです。

 

あとで記述するように、日本で売られているニキビの薬ではニキビは治らないからです。

 

対策可能などころかよけいこじらせてしまう事が多く、私のところにも市販薬でニキビ跡をつくってから治療を受けに来られる患者さんが後を絶ちません。

 

自らで勝手にニキビをつぶしたり、間違った手当をすると、絶対ニキビ跡が残ってしまいます。

 

ニキビ跡は一度可能なと一生消える事はないのですし、治療もそう造作なくではないのです。

 

いまでこそケミカルピーリングで艶やかに対策可能なようになりましたが、外用薬ではおおかた治せないのが実状です。

 

何はともあれニキビ跡を残さないように対策するのがニキビ治療の着目点です。

 

それによりには、早めに適切な治療を受ける事が第一です。

 

面皰(コメド)の段階で治療を受けるのがベストですが、実のところその段階で病院まで足を運ぼうとする人はあまりいないでしょう。

 

ニキビは自然に対策可能なと思っている人が多々ある早からです。

 

ただしコメドでも、1カ所に数個以上できてしまうと、自然治癒は困難になります。

 

先ほども書いたように、数多く可能なほどニキビは悪化しやすいからです。

 

ですから、遅くとも丘疹が十個以上あったら、専門医の治療を受けてください。

 

炎症をおこしていても、早い段階なら薬がよく効きます。

 

さらにニキビ跡になっていても、いまならよい治療法ができ、ビューディフルに対策可能なようになりました。

 

ニキビの治療はとても改善し、どのようなニキビもニキビ跡も全く対策可能なようになったのです。