ニキビ再発

なぜニキビは再発をくり返すのか。

ニキビのポイントは同じロケーションにいくつもでき、さらに対策できても再発しやすい事です。

 

一度おさまっても同じようなところに加えて顔を出すので、患者さんは相当ニキビから解放されません。

 

なぜニキビは何度も再発をくり返すのでしょうか。

 

ニキビは面皰や初期の丘疹が十個以下では、軽症です。

 

軽いの段階では、あまり再発はしません。

 

再発しやすいのは、それらが十個を超えた事例です。

 

その上あごや頬、額など、限定しれたところに十個以上のニキビが集中すると、それだけで周辺局所の微細な血管の血液循環が悪くなります。

 

さらにニキビの炎症ところやその周辺には、活性酸素や、それによって酸化された過酸化脂質が豊富に集まっています。

 

肌にとっては大いにニキビのできやすい、よくない環境ができしまうのです。

 

さて、前にも書いたようにニキビは毛穴にできます。

 

肉眼ではわかりにくいかもしれませんが、毛穴同士は想像以上に近くに隣接しており、だいたい十.5?1ミリ位の間隔で開口しています。

 

ニキビのきっかけはこの毛穴が角質で狭くなってしまう事です。

 

一つの毛穴にニキビができて腫れると、もう隣!な毛穴でも入り口が狭くなり、皮脂がたまってきます。

 

その上炎症をおこした毛穴の周囲は、活性酸素がびっしり集まっています。

 

その活性酸素によって、毛穴の皮脂がどんどん酸化されてしまうのです。

 

ですから一つニキビが可能なと、その周辺に次々にニキビができていきます。

 

その数が多くなるほど、さらにニキビが集中しているほどニキビは悪化し周囲に広がっていきます。

 

これを私は、ニキビの連鎖反応と呼んでいます。

 

ニキビの炎症がおさまったと思っても、油断はできません。

 

ニキビ跡?装があったり赤みが残っていると、再発しやすいのです。

 

ニキビ跡がくぼんでいるという事は、皮膚の立体仕組みが崩れ、正常な組織の形を成していないという事です。

 

形が壊れていると周囲の圧迫を受けやすく、毛穴の出口もせばまってきます。

 

そんな訳で皮脂が詰まり、ニキビができやすくなるのです。

 

皮膚の赤みは一層気をつけなければいけません。

 

これは炎症の名残で、そのところの血管が拡張し、歴史ある血液が3滞しているという事です。

 

これでは酸素や栄養分が細胞に十分ゆきわたらず、刺激にそれに対し反応が鈍くなります。

 

このような皮膚にささやかな事で異常角化がおこると、ふつう以上にニキビになりやすくなります。

 

ですから、炎症がおさまったからといってもうに治療をやめるのではなく赤みが完璧にひいてニキビの痕跡がなくなるまで、治療はつづけたほうがいいのです。